与田 剛(よだ つよし)
講演演題

『選手のパフォーマンスを最大限に
 引き出すべンチワークとは
 〜準備すること、対話することで選手を育てる〜

『私の野球人生
〜自分を信じ、逆境を乗り越える〜

『メジャーリーグをもっと楽しむには』

『野球界リーダー論
    WBC世界一の舞台裏』

レギュラー
NHKプロ野球解説者
中日ドラゴンズ エグゼクティブアドバイザー
中日ドラゴンズ前監督
受賞歴
『最優秀新人賞』(1990年)
『最優秀救援投手賞』(1990年)
『紫綬褒章』(2009年)
著 書
『山本昌レジェンドの秘密』自由国民社 2015年
『野球上達”特訓”バイブル』三才ブックス 2012年
『中継ぎ力 〜リストラ社会ニッポンの新しい生き方〜』ワニブックス 2010年
『一流力 サムライジャパン勝利の理由』双葉社  2009年7月刊行
『与田剛のメジャーリーグ剛球解説』NTT出版 2008年
『トッププロに学ぶ野球上達テクニックピッチング』成美堂出版 2007年
『消えた剛速球〜157キロで駆け抜けた直球人生〜』KKベストセラーズ



プロフィール
1965年12月4日福岡生まれ。千葉県出身。
木更津中央高校(現・木更津総合高校)亜細亜大学 ―NTT 東京を経て 、1990年、ドラフト1位で中日に入団。150キロを超える剛速球を武器に鮮烈デビュー。157キロの日本最速記録をマークし、新人投手初のオールスターファン投票1位に。この年の最優秀新人賞と最優秀救援投手賞に輝く。
1996年6月、千葉ロッテにトレードで移籍し、直後に大リーグ2A メンフィスチックスに野球留学。 1998年、日本ハムにテスト入団するも、右肘を手術。再起をかけたリハビリの末、1999年10月、1620日ぶりに一軍のマウンドに立ち感動を呼んだ。
2000年、野村監督の下、阪神にテスト入団。 34歳の挑戦は“リストラの星”と呼ばれ、共感を得た。2000年秋、引退。2001年からNHK解説者となりオールスター、ワールドシリーズなどの解説を担当。
2009年には、WBC原ジャパンのピッチングコーチを務め、世界一に。この年、紫綬褒章を受章。同年4月よりNHK『サンデースポーツ』メインキャスターを2年間務める。2013年のWBCで再び、侍ジャパンのピッチングコーチを務め、2016年から楽天の投手コーチに。
2019 年より中日ドラゴンズの監督に就任。2020年には、8年ぶりの A クラス入りを果たし、今季は12球団NO.1防御率の投手陣を作り上げた。 182センチ、92キロ。
妻はフリーキャスターで千葉大学客員教授の木場弘子氏。

※当ウェブサイトに掲載された全ての記事・写真の
無断転用・転載を禁じます※

お問い合わせ
オフィスニックス
TEL:090-2524-2900 FAX:047-381-0291
TOP